印刷 | 通常画面に戻る |

ジュンガル

17世紀のモンゴル人オイラト系の部族。天山山脈北部のジュンガル盆地にいたが、タリム盆地・モンゴル高原、チベットに勢力を伸ばした。しかし、清の康煕帝・乾隆帝の侵攻を受け、1758年に滅亡した。

 ジュンガルは17世紀に有力になったモンゴル人の部族。オイラト系。族長ガルダンはチベットのダライ=ラマと結び、内モンゴルのハルハ地方に進出した。康煕帝は内モンゴルに2度出兵してガルダンを攻め、ガルダンを自殺させた。
 ジュンガルはなおもチベットに入り、抵抗を続けたので、康煕帝は皇子をチベットに派遣しジュンガルの勢力を排除し、チベットを支配下においた。ジュンガルはその後もタリム盆地を拠点に清朝への抵抗を続けたが、雍正帝に続いて、乾隆帝時代にも激しい清側の攻勢を受け、1758年に滅亡する。その支配領域は清朝藩部の一つ、新疆となる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章2節 イ.清朝支配の拡大