印刷 | 通常画面に戻る |

バンコク

タイのラタナコーシン朝の都として建設された都市。

タイラタナコーシン朝の都として建設(1782年)され、現在もタイ国の首都として栄えている、東南アジア有数の大都市。チャオプラヤ川下流に位置し、河口から30キロのところにある。正式名はクルンテープ・マハーナコーン。中心部に王宮と行政官庁が集中している。建設以来、運河が重要な交通手段として発達したが、1960年代の「開発の時代」からは高速道路網が作られ、市域も拡大し、現在は5000万を超える大都市となっていて、交通渋滞が名物になっている。

NEWS バンコクの大洪水

 バンコクはチャオプラヤ川の下流にあるので、たびたび水害を蒙ってきたが、2011年には7月から約3ヶ月にわたって大洪水に見舞われ、多数の死者(400万人以上と言われる)と避難民を出す大災害となった。タイに進出している日本企業も大打撃を蒙った。

Episode バンコクの意味

 この地は都となる前は首都アユタヤに上る船をチェックする要塞のあったところ。バンは水路、コークはオリーブの木の一種の名だった。ラーマ1世がこの地を都としたとき、「クルンテープ・マハーナコーン・ボーウォーン・ラタナコーシン・マヒンタアーユタヤー・マハーディロクポップ・・・下略」という長い頌詞を奉った。それは「インドラ神の造り給うた崇高なる宝玉の(奉られている)神の都、大いなる都・・・」という意味で、その冒頭の「クルンテープ・マハーナコーン」(神の都・大いなる都)が正式な都の名とされた。現在でも行政上の都市名はこうであるが、人々は昔からの「バンコク」をそのまま使っている。また頌詞のなかの「ラタナコーシン」は「インドラ神の宝玉」という意味で、王は神の化身であるというバラモン教・ヒンドゥー教の「神王」思想の影響を受けている。<『タイの事典』同朋舎 p.199>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第8章2節 清代の中国と隣接諸地域