印刷 | 通常画面に戻る |

ザクセン選帝侯フリードリヒ

ルターを保護し、宗教改革を支持したドイツの有力な諸侯。

 ザクセン地方は、北ドイツの中部、エルベ川の中流域をさす。ザクセンの領主は金印勅書で選帝侯に選ばれ、以後、選帝侯国としてドイツの有力な領邦となる。宗教改革期のザクセン選帝侯フリードリヒ3世は、賢公とも言われる。
 1502年にはヴィッテンベルク大学を創設、その神学教授ルターが宗教改革を始めるとそれを支持し、保護を加えた。カール5世の皇帝選挙の際も大きな役割を果たし、ヴォルムス帝国議会で国外追放となったルターをかくまい、ヴァルトブルク城で保護した。その後もルター派諸侯として領内の宗教改革を進めた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章3節 ア.宗教改革の始まり