印刷 | 通常画面に戻る |

茶法

1773年に北米植民地に対して出されたイギリスの課税法。

 Tea Act 茶条令ともいう。イギリス本国がアメリカ植民地に対して出したタウンゼント諸法以来、茶輸入に課税されていた植民地側が、対抗上オランダからの茶を密輸入するようになったため、以前から経営難に陥っていた東インド会社は打撃を受けた。 → 世界史の中の茶
 そこでイギリス政府はは1773年に茶法を制定し、東インド会社を救済するため、会社手持ちの茶を、イギリス仲買人を経ずに植民地に直売し(密輸茶より安い価格で販売できるようにし)、植民地の茶市場の独占を認めた。植民地側は茶の密輸業者だけでなく、一般貿易商、消費者も、東インド会社による商品市場の独占につながるとして激しい反対運動を展開し、ボストン茶会事件が引き起こされ、それが発火点となって、1775年4月のアメリカ独立戦争へと向かうことになった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
10章2節 ア.北アメリカ植民地の形成