印刷 | 通常画面に戻る |

農奴解放令

1861年、ロシアのアレクサンドル2世が制定。ロシアの近代化の前提となる。

19世紀中頃の帝政ロシアでは、人口6000万人、そのうち1200万人が自由民で、その中の約100万が貴族であった。貴族のうち、農奴を所有したロシア人貴族は約9万とされる。かれらは上は1000名以上の、下は100名以下の農奴を所有し、領土を耕作させていた。農奴は2250万を数える。<世界各国史『ロシア史』p.296による。>
かれら農奴は、土地に縛り付けられ、両種である貴族に、賦役や年貢を負担していた。このようなロシアの農奴制ツァーリズムを支えていたが、19世紀に入りアレクサンドル1世やニコライ1世の時代にはその廃止を求める声も強くなってきたが、実現しないままであった。クリミア戦争に敗れたアレクサンドル2世は、「上からの改革」によるロシア社会の近代化を必要と考え、1861年2月に「農奴解放令」を公布した。

農奴解放令の要点

:その要点は次のようなことである。
・農奴は人格的に解放された。
・しかし、農奴が耕作していた土地は、有償で分与される(地代の約16倍で)ことになった。
・分与地を買い取る代金は国が肩代わりし、農民は国に49年年賦で支払うことになっていた。この支払いは解放された農民にとっても重い負担とになった。
・分与地は農民個人に与えられるのではなく、まとめて共同体(ミール)に渡され、そこから農民が支払額に応じて分与地を得ることになっていたが、支払える農民は稀で、ほとんどが共同体の所有となった。

意義

:このように農奴解放令は、ただちに自作農を創出することにはならず、ロシアの後進性は依然として根強く残存した。アレクサンドル2世の農奴解放は不十分なものであったが、これを機に1860年代以降、ようやくロシアの産業革命が始まることとなる。<外川継男『ロシアとソ連邦』講談社学術文庫 p.252 など>  → 農奴/農奴制  農奴解放  封建的特権の廃止 封建地代の無償廃止  農奴解放令(1781)  農民解放(プロイセン)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 イ.ロシアの改革