印刷 | 通常画面に戻る |

ロンドン万国博覧会

1851年、ロンドンで開催された世界最初の万国博覧会。

 1851年、イギリスの首都ロンドンで世界最初の万国博覧会が開催された。イギリスのヴィクトリア朝の繁栄を象徴する祭典であった。ヴィクトリア女王の夫アルバートを総裁としてイギリスの国家的事業として準備され、その象徴は全館ガラス張りの水晶宮(クリスタル・パレス)と名づけられたパビリオンであった。5月から10月までの会期に800万を動員、イギリス全土から団体割引の切符で鉄道を利用し見物客が集まった。先進工業国としてのイギリスの威信を世界に示したものとなった。 → イギリス(7)
 この1851年にはトマス=クックが旅行社を創設し、ロイターがロンドンにロイター通信を創業、パックス=ブリタニカを背景に、イギリスで始まった近代文明が世界に広がり始めた年でもあった。  
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 ウ.ヴィクトリア時代