印刷 | 通常画面に戻る |

アフシャール朝

1736年に成立した、イランのトルコ系王朝。

18世紀初頭のイランでは、サファヴィー朝を滅ぼしたアフガン人の支配も長続きせず、サファヴィー朝の生き残りを奉じたトルコ系カージャール族のナーディル=ハーン=アフシャールが1729年にイスファハーンを奪回した。ナーディルはサファヴィー朝を復興させたがその実権を握り、さらに1736年シャーを称し、ナーディル=シャーとしてアフシャール朝を開いた。ナーディルはアフガニスタンを制圧し、さらにインドのムガル帝国に侵入し、デリーで大略奪を行った。しかしアフシャール朝の治世では戦乱で国土が荒廃し、農民にも重税が課せられたので反発を受け、1747年にナーディルも殺害され戦乱の時代となる。南部の都市シーラーズではキャリーム=ハーン=ザンドが支配権を握ぎり、ナーディルの死後の戦乱を1750年に平定しザンド朝を建てた。また北部のアフガニスタンではアフガン人が自立し、ドゥッラーニー朝を建てる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 エ.イラン・アフガニスタンの動向