印刷 | 通常画面に戻る |

ナーディル=シャー

イランのトルコ系部族長で、1736年アフシャール朝を創始、一時アフガニスタンから北インドまで勢力を伸ばしたが、1747年に殺害され、一代で終わった。

 イランのトルコ系騎兵集団キジルバシュ出身で、アフシャール族の部族長ナーディル=ハーンは、アフガン人に押されて衰微していたサファヴィー朝のタスマースプ2世を助け、1729年イスファハーンに進撃、アフガン人の勢力を追放しサファヴィー朝を復活させた。しかし彼はサファヴィー朝のもとで実権を握り、さらにアゼルバイジャンとグルジアに侵入したオスマン帝国軍を撃退、1736年にサファヴィー朝のシャーを廃位し、ナーディル=シャーを名乗ってアフシャール朝を創始した。
 彼はアフガニスタンのカンダハルを攻略、さらにインドのムガル帝国デリーに進撃して略奪を行った。このデリーの略奪では3万人を殺し、有名なクジャクの玉座を破壊した(または持ち去った)。しかし度重なる戦争で灌漑施設が破壊されるなど農村は荒廃し、また重税が課せられたので反発が強まり、1747年に殺害され、アフシャール朝は一代で終わりを告げた。
 その後はイランは戦乱の時代となり、ザンド朝(1750年~)を経て、1779年にトルコ系のカージャール朝が成立する。

スンナ派への転換失敗

 アフシャール朝を樹立したナーディル=シャーは、シーア派出身であったにもかかわらず、あえてスンナ派を王朝の宗教に定めた。その理由としては、シーア派と分かちがたく結びついていたサファヴィー朝との決別を明確にするなどが考えられる。アフシャール朝はシーア派ウラマーを追放するなど、スンナ派の定着を図ったが、短命に終わったためイランのスンナ派化は失敗に終わった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 エ.イラン・アフガニスタンの動向