印刷 | 通常画面に戻る |

トルコマンチャーイ条約

1828年、ロシアとカージャール朝イラン両国で締結された不平等条約。

ロシアは南下政策の一環としてイラン進出をもくろみ、カージャール朝イランとの間で1804年に第1次イラン=ロシア戦争をしかけて勝利し、1813年にはゴレスターン条約でグルジア・アゼルバイジャンなどのカフカス地方を奪った。その奪回を目指すカージャール朝の間で1826~28年に第2次イラン=ロシア戦争が起こり、再び勝利したロシアは28年にこの条約をイランに認めさせた。

領土割譲と不平等条約

 このトルコマンチャーイ条約によってイランはアルメニア地方のエレバンなど大部分(東アルメニア)を失い、アラクス川を両国の堺とすることを認めさせた。イラン在住のロシア人についての民事、刑事一切の裁判権をロシアに任せ治外法権(領事裁判権)を認めるという不平等条約であった。イランは同様の不平等条約をイギリスとフランスに対しても認めることになった。また「イランの官憲はロシア政府の同意を得ずにロシア臣民の家屋・店舗・倉庫に立ち入ることはできない」と規定されて、それは英仏に対しても認められたので、これらの外国人商人の活動は保護されることになった。これはイランの開国にほかならい。これらの不平等条約は、1927年に撤廃されるまで、イランの官民を苦しめることになった。山内昌之『世界の歴史20 近代イスラームの挑戦』中央公論社 p.271-272 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 エ.イラン・アフガニスタンの動向
書籍案内

山内昌之
『近代イスラームの挑戦』
世界の歴史 20
1991 中央公論社