印刷 | 通常画面に戻る |

ディーワーニー

ムガル帝国での徴税権を意味する。1765年、ベンガルなどでイギリス東インド会社が獲得した。

 ムガル帝国で徴税権をディーワーニーという。これはディーワーンに与えられる権限、という意味。ディーワーンとはイスラーム国家で本来は征服活動に参加するアラブ人戦士にアターを支給するための台帳を意味した。やがて王朝のすべての官庁を意味するようになった。ムガル帝国では地方行政の中の財政や民事裁判を担当する官職がディーワーンといわれ、その権限、つまり徴税権を主とするが、行政権さらに司法権まで含む権限がディーワーニーであった。

東インド会社のディーワーニー獲得

 1757年のプラッシーの戦いに勝利したイギリス東インド会社は、さらに1764年のブクサールの戦いでベンガル太守を再び破り、翌1765年、ムガル皇帝からベンガル・ビハール・オリッサの三地方のディーワーニー(徴税権とそれに付随する行政・司法の権限)を授与された。これは領土そのものを割譲されたわけではないが、徴税を通して実質的な支配権を獲得したことを意味していた。それによってムガル帝国及びベンガル太守の支配権は名目的なものとなり、租税収入がないので東インド会社からの年金受給者という存在となってしまった。
 一方の東インド会社にとっては、それまでの綿製品の対価としてだけではなく、労せずして収入となるので大きな利益をもたらした。しかし、その利益は本来は本国にもたらされるものであったにもかかわらず、東インド会社の役員・社員が役得や賄賂という形で横領したため、本国政府にはおもったような収入をもたらさなかった。そのため70年代以降は本国政府は東インド会社に対する統制を加えるようになる。そのため、1773年にベンガル総督を置いて行政に関しては会社と分離する方策を採るようになった。<浅田実『東インド会社』1989 講談社現代新書 p.168-174> → インド総督
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ア.西欧勢力の進出とインドの植民地化
書籍案内

浅田実『東インド会社』
講談社現代新書