印刷 | 通常画面に戻る |

ブクサールの戦い

1764年、イギリス東インド会社軍がベンガル太守などの軍を破った戦い。

ブクサール Buxar はインド西部、ガンジス川中流のビハール州の地名。バクサルとも表記。1764年、イギリス東インド会社軍が、ベンガル太守・アワド太守・ムガル皇帝の連合軍を破った戦い。1757年のプラッシーの戦いに次いでイギリスがあげた勝利となり、その結果ムガル帝国の皇帝は実権を失い、東インド会社から年金を支給される存在となった。また翌65年、東インド会社はベンガル・ビハール・オリッサのディーワーニー(徴税権を主とし行政・司法まで含む権限)を認められた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ア.西欧勢力の進出とインドの植民地化