印刷 | 通常画面に戻る |

九竜半島

香港島の対岸。1860年の北京条約で清がイギリスに南半分を割譲、1898年に残る北部を99年間、租借した。

九竜半島は香港島の対岸の大陸からのびている半島。香港島に近い半島の南部が北京条約でイギリスに割譲された。さらに1898年に列強による中国分割が行われた際、イギリスが九竜半島北部(新界と言われる)と付属する島嶼を99年間租借とすることを清に認めさせた。イギリスはそれらをあわせて香港として植民地支配を行った。
 第二次世界大戦後の香港は中継貿易によって急成長し、1970年代にはNIEsの一つに算えられるまでになった。一方で文化大革命後の中国との間で返還の交渉が進み、北部の租借期限の切れた1997年に、香港島と共に中国に返還された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 東アジアの激動