印刷 | 通常画面に戻る |

ムハンマド=アブドゥフ

パン=イスラーム主義の指導者の一人。アフガーニーの弟子で、イスラーム改革運動に大きな影響を与える。

 パン=イスラーム主義を唱えたアフガーニーの弟子のエジプト人。生没1849~1905年。アブドゥフとは「神の奴隷」の意味。ナイル・デルタ地方に生まれカイロのアズハル学院に学んでウラマーとなる。
 エジプトを訪れたアフガーニーに深く私淑し、その影響下で英仏のエジプトからの排除とエジプト王国の専制政治打倒をめざすエジプト民族運動に加わり、ウラービー革命に積極的に関わる。そのため国外追放となり、亡命先のパリで1884年にアフガーニーと協力して『固い絆』を刊行した。恩赦によって1889年にエジプトに帰国したが、その後は政治活動を離れ、理性と啓示の調和、ヨーロッパ文明の積極邸要素の吸収、合理主義の立場による伝統の革新など「非西洋的な近代化」に取り組み、20世紀のイスラーム改革運動に大きな影響を与えた。<山内昌之『近代イスラームの挑戦』世界の歴史20 中央公論社 1996 p.247-249> → アラブ民族主義運動
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 キ.西アジアの民族運動の立憲運動