印刷 | 通常画面に戻る |

四月テーゼ

ロシア革命の中で、1917年4月、ヴォリシェヴィキ指導者レーニンが示した革命指針。「すべての権力をソヴィエトへ」と主張した。

 1917年、4月に亡命先のスイスから封印列車でペテログラードに帰ったレーニンは、すぐに「四月テーゼ」として知られる「現下の革命におけるプロレタリアートの任務」とう論文を発表し、ボリシェヴィキの運動方針を示した。それは帝国主義打倒・社会主義社会の建設を目指し、当面の課題としては臨時政府との対決即時停戦の実現、ソヴィエトへの権力集中をはかることである、とした。これはレーニンが個人名で発表したものであったが、端的に「すべての権力をソヴィエトへ」という標語として、ボリシェヴィキに支持され、ロシア革命でのレーニンの指導性がこれによって確立したといえる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 エ.ロシア革命