印刷 | 通常画面に戻る |

済南事件

1928年5月、北伐中の中国の国民革命軍と、山東省に出兵した日本軍の衝突事件。双方に犠牲者が出たが、中国国民の反日感情を増幅させた。

 さいなんじけん。済南は山東省の中心都市で、黄河河畔の東西交通の要衝にあたる。日本政府は蔣介石の率いる国民革命軍北伐が進むなか、1928年4月、居留民保護を名目に第2次山東出兵を行い、大陸深く進出して、済南に陣を布いた。1928年5月3~11日、両軍が衝突し、日本側は23名、中国側は1000名の死者を出した。日本の現地軍は中国側に謝罪を求め、容れられないと一般市民も巻き添えに市民と兵士の多くを殺害した。中国側ではこの事件を「済南惨案」といっている。中国民衆は憤激したが、蔣介石は日本軍との全面衝突を避け、本隊は済南を迂回させ、北京を目指すこととした。

日中戦争の前哨戦となる

 済南城を占領した日本軍は、1929年3月末の和平交渉の結果、5月末に撤退した。日本軍は居留民保護のために出兵したが、最終的には日本の民間人12名が死に、50~60が負傷した。日本軍の死傷者は約500人、中国側は死者3600人、負傷1400人(中国側の発表)に達した。済南事件は日清戦争以来の日中の軍事衝突であり、1931年の満州事変から実質的に開始される日中戦争の前哨戦となった。<数値は、三野正洋ら『20世紀の戦争』朝日ソノラマによる>  
印 刷
印刷画面へ