印刷 | 通常画面に戻る |

北伐

1926~28年、蔣介石指揮下の国民革命軍による北京軍閥政府打倒の軍事行動。当初は国共合作の下で行われたが、途中の1927年の上海クーデターで共産党が排除され、再開後は国民党単独で行い、途中日本の山東出兵などの妨害もあったが、1928年6月に北京に入城、国民革命を達成した。

 1926年から28年にかけて、中国(中華民国)の第1次国共合作のもとで国民政府によって展開された国民革命の一環として行われた国民革命軍による北京(当時は北平といわれた)の軍閥を打倒する戦い。この中国統一を目指した戦いを国民政府は国民革命と称した。
 1926年7月、前年に死去した孫文の遺志を継いで、蔣介石は「帝国主義と売国軍閥の打倒と人民の統一政府の建設」を掲げ、国民革命軍総司令として北伐(出師北伐)を開始。10万の国民革命軍を動員し、軍閥勢力との戦争となった。北伐軍は各地で軍閥軍を撃破、武漢・南昌・福州・杭州・南京を落とし、翌年3月には上海に達した。北伐に呼応して各地で民衆蜂起も起こったが、社会主義への傾斜を恐れた蔣介石は上海クーデターを起こして共産党勢力を排除、大弾圧を加えて第1次国共合作は崩壊した。

北伐の再開

 上海クーデターで一時中断された北伐は、独裁的な権力を握った蔣介石によって1928年4月に再開された。北伐軍が北京に迫ると、日本は居留民保護を名目にたびたび干渉し山東出兵を行った。特に1928年5月には、山東省済南で、北伐軍と日本軍が衝突し済南事件が起こった。蔣介石は日本との全面的な対決を避けて迂回し、北京に向かった。
 しかし再開後の北伐軍は、本来の反軍閥、反帝国主義の「国民革命」軍という基本的な使命を失い、南京政府による全国統一の仕上げという権力闘争の様相を呈した。国民革命軍もその内実は、もと直隷派軍閥の馮玉祥、山西軍閥の閻錫山、広西軍閥の李宋仁らの軍からなる混成軍にすぎなかった。また、最初の北伐の時のような民衆の協力や、多くの知識人の参加などの国民的な盛り上がりはなくなっていた。

北伐の完成

 しかし迎え撃った北京の張作霖軍と呉佩孚、孫伝芳らの軍閥軍にも戦闘意欲はなく、次々と敗北し、6月3日には張作霖は北伐軍の入城の前に北京を脱出してしまい、6月8日、北伐軍は北京に無血入城した。この国民革命軍の北京入城によって北伐は完了した。6月15日、南京国民政府は正式に全国統一を宣言した。7月6日には、蔣介石、馮玉祥、閻錫山、李宋仁の四司令がそろって北京西山碧雲寺の孫文の墓前に、北伐完了を報告した。

東三省の易幟

 一方、北京を脱出した張作霖は、6月4日に日本の関東軍によって張作霖爆殺事件によって謀殺された。関東軍は一気に満州の実効支配を実現することをもくろんだが、奉天軍閥を継承した張学良は、7月に使者を北京の蔣介石に送って国民政府に従うことを証明し、12月26日に東三省に中華民国国旗「青天白日旗」を掲げた。これを易幟(えきし。旗幟を改易すること)という、これによって中華民国の国民政府による中国統一は完成した。
 それ以後の1930年代の中国の情勢は、国民政府と中国共産党の内戦と、日本の軍事的侵略の本格化という二面で展開されることになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 ウ.国民党と共産党