印刷 | 通常画面に戻る |

トルコ大国民議会

トルコ革命を進めたムスタファ=ケマルが1920年、第1回をアンカラで召集し、1923年にはトルコ共和国樹立を宣言した。

 第一次世界大戦の講和に反対してイスタンブルを追放になっていたムスタファ=ケマルは1919年にトルコに戻り、イスタンブルのスルタン政府が連合国と締結したセーヴル条約による国土分割を阻止すべく、抵抗運動を組織した。まずアナトリアのムスリム農民を国民軍に組織し、ついでいくつかの準備会議を経て、1920年4月にアナトリア中部の都市アンカラに第1回トルコ大国民議会を招集し、トルコ革命政府を樹立した。こうしてケマルのもとでアンカラ政府と国民軍が組織された。イスタンブル政府はケマルの行動を国家に対する反逆として死刑を宣告し、「カリフ軍」を組織して追討しようとした。
 さらにギリシア軍がアナトリア内陸部に侵攻してギリシア=トルコ戦争が始まると、ケマルの指導するアンカラ政府軍はギリシア軍阻止の戦いを2年にわたって展開して、ついにその撃退に成功した。以下、トルコ大国民議会が行った重要な決定は次のようなものがある。 → トルコ革命
  • 1922年11月、実力によって国権の最高機関となったトルコ大国民議会は、スルタン制の廃止を決定、最後のスルタン、メフメト6世はマルタに亡命した。これによって36代、6世紀近く続いたオスマン帝国の滅亡は正式に決まった。ただしメフメト6世はカリフの地位は保持していた。
  • 1923年7月、セーヴル条約を破棄して新たな講和条約としてローザンヌ条約が締結され、8月にトルコ大国民議会が承認した。これによって連合軍はイスタンブルから撤退し、10月6日にケマルはイスタンブルに入城した。しかし10月13日にアンカラ遷都が決定され、イスタンブルは470年間続いた首都の地位を失った。
  • 1923年10月29日、アンカラでトルコ共和国樹立が宣言され、トルコ大国民議会は初代大統領にムスタファ=ケマルを選出した。
  • 1924年にはカリフ制度を廃止し、イスラーム国家としての残滓は払拭された。最後のカリフ、アブデュル=メジト2世は国外追放となった
  • 1926年には最初のトルコ共和国憲法に含まれていたイスラーム教を国教とする条項が削除され、トルコ共和国はイスラーム圏で最初の世俗的な国家となった
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 カ.トルコ革命とイスラーム諸国の動向