印刷 | 通常画面に戻る |

ヒラーファト運動

オスマン帝国(トルコ)のカリフ及びカリフ制を守るべきであるという、インドのムスリム(イスラーム教徒)の運動.1919年からインドで高揚しガンディーも同調し、反英闘争と結びついた。

 ヒラーファト Khilafat とは、「カリフの地位」という意味。キラーファットとも表記する。イスラーム教の至上の指導者であるカリフの地位を守れ、という運動であったのでカリフ擁護運動ともいう。
 オスマン帝国では政治上の権力者であるスルタンがイスラーム教(スンナ派)の最高指導者であるカリフ(ムハンマドの後継者とされる)を兼ねるスルタン=カリフ制がとられていたが、第一次世界大戦後で敗戦国となるとセーヴル条約で広大な領土を失い、また国内にも近代化を目指す改革運動が強まり、カリフの地位は危機に陥った。インドのイスラーム教徒は、カリフの地位を脅かしているのはイギリスであると捉え、1919年から、カリフ制擁護をかかげて反英闘争を開始した。このヒラーファト運動に、ヒンドゥー教徒であるガンディーの率いる国民会議派が同じ反英の立場で協力し、第1次非暴力・不服従運動(非協力運動)を展開、1920年代初めのインド反英運動の一つのテコとなった。ヒラーファト運動は、インド人をヒンドゥー教・イスラーム教の違いを超えて、イギリスからの独立という共通目的で結束させようとしたガンディーの指導のもとで盛り上がった。
 しかし、カリフ擁護の運動は、ムスタファ=ケマルによるトルコ革命が進行し、1922年にスルタン制が廃止されてオスマン帝国が滅亡し、さらに1924年にはカリフ制も廃止となると意味を無くし、消滅した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 エ.インドでの民族運動の展開