印刷 | 通常画面に戻る |

バルト三国併合(ソ連)

1940年6月、バルト三国に対して、ソ連がドイツとの秘密協定に基づき、併合を強行した。

 バルト三国といわれるエストニアラトヴィアリトアニアは18世紀以来ロシア領となっていたが、ロシア革命に際して1918~20年にかけてそれぞれ独立した。ところがドイツのポーランド侵攻によって第二次世界大戦が始まると、ソ連は1940年6月、バルト三国に侵攻し、占領を完了、8月3日に併合した。ソ連のバルト三国併合は、1939年8月に成立した、ドイツのヒトラーとソ連のスターリンの間の独ソ不可侵条約に付帯する秘密議定書に基づくものであった。バルト三国にはそれぞれ共産党が作られ、ソ連邦を構成する共和国として、ソ連政府の直接的な支配を受けることになった。

バルト三国のロシア化

 1941年6月、ドイツ軍は独ソ不可侵条約を破ってソ連領に一斉に侵攻、独ソ戦が開始されると、バルト三国もドイツ軍に占領され、44年までドイツ軍占領がいた。その後、ソ連軍が反撃して再占領された。ソ連の占領に対する抵抗もあったが、ソ連政府は47年~52年に農村集団化を強行、多数のロシア人を移住させ、ロシア化をはかった。このような中で戦後のソ連では「民族問題は終結した」と公式見解では述べていたが、バルト三国のそれぞれの民族意識は継承され、1980年代末のペレストロイカ期に一気に爆発することとなる。 → バルト三国の独立
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 ア.ナチス=ドイツの侵略と開戦