印刷 | 通常画面に戻る |

ドイツ本土空爆/ドレスデン空襲

イギリス・アメリカ空軍のドイツ本土爆撃は1942年から始まり、45年2月のドレスデン大空襲で最大の犠牲者を出した。

ドイツ本土空爆

 第二次世界大戦では、1942年春から、イギリス・アメリカの空軍によるドイツ本土空爆が本格化した。イギリス南東部の基地から飛び立った4基のエンジンを持ち、4~5トンの爆弾を抱え、2500kmの距離を飛ぶ爆撃機が、戦闘機の護衛を受けて、連日連夜ドイツ本土の都市、工業地帯を空爆した。アメリカ軍が昼間、イギリス軍が夜間役割を分担し、時には一回の出撃で3000トン以上の爆弾が投下された。ドイツ軍はジェット機やロケット弾で対抗しようとしたが次第に物量でおされ、抵抗力を失った。イギリス・アメリカは航空機を失ってもカナダとアメリカ本土の工場でつぎつぎと製造することができたが、ドイツは国内の工場がすべて空爆され、生産が不可能であった。<『20世紀の戦争』朝日ソノラマ p.59>

ドレスデン空襲

 1945年2月13~14日、連合国軍のアメリカ・イギリス両空軍はドイツの都市ドレスデンに対する空爆を行った。絨毯爆撃で都市部は完全に破壊され、6万人の犠牲者が出た。アメリカ軍・イギリス軍によるドイツ本土空爆の中の最大のもので、ドレスデンは「ドイツのヒロシマ」と言われている。
 ドレスデン大空襲の民間人の死者は公式には3万5千人とされているが、ある推定では11万5千人に上るともされている。ドレスデンはザクセン王国の古都であり、ドイツ・バロック様式建築を代表する有名なツビンガー宮殿があったが、それらの文化遺産も爆撃によって破壊された。
 このドレスデンへの無差別爆撃の“成果”に学んだアメリカ軍は、続いて日本への都市爆撃に踏み切った。それが5月10日の東京大空襲であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 エ.ファシズム諸国の敗北