印刷 | 通常画面に戻る |

バロック美術

17世紀のヨーロッパ美術の様式。

バロックとは「極端な」とか「誇張した」という意味を持つ言葉。芸術史上のバロックとは、17世紀の西欧における、絵画、建築さらに音楽などに見られる芸術様式。イタリアをはじめ、フランス、スペイン、フランドル、オランダ、ドイツなどで流行した、華麗でダイナミックな様式の美術を特にバロック美術という。絵画ではフランドルのルーベンスファン=ダイク、スペインのエル=グレコベラスケスなどがその代表的な作者である。また建築ではフランスのルイ14世の離宮として建造されたヴェルサイユ宮殿の豪壮華麗な様式を生み出した。
 なお、フランスの絵画ではバロックの影響も強かったが、ニコラ=プーサン(1594~1665)のように、落ち着いた安定した古典主義的な様式を成立させていた。その代表作は『アルカディアの牧人たち』である。フランスの絵画はルイ14世の時に創設された芸術アカデミーが美術行政の中心となり「アカデミズム」を形成していった。
 ルイ14世のもとで繁栄を誇ったバロック様式の芸術も、ルイ14世の死(1715年)とともに転機を迎え、次のルイ15世の宮廷を中心にその反動とも言える繊細優美な美術様式であるロココ美術が登場することとなる。

バロック美術の同時代

 ヨーロッパの宮廷を中心にバロック美術が花咲いた17世紀とは、いかなる時代だったか。それはヨーロッパにおける17世紀の危機といわれる、危機の時代だった。前世紀にはじまった宗教改革から始まったキリスト教の新旧対立は、深刻な宗教戦争となってヨーロッパを戦火にもたらした。その最大のものが1618~48年の三十年戦争であり、特にドイツはその戦争のために国土の荒廃が著しかった。イギリスのピューリタン革命名誉革命も一種の宗教戦争であった。フランスでは前世紀に宗教内戦であったユグノー戦争を克服したブルボン朝の王権強化に対して、帰属や農民が反発したフロンドの乱が1649年に起こっている。その他、ヨーロッパ各地で反封建の動きが起こったが、この時期の宮廷で展開されたバロック美術、および18世のロココ美術は、最後の貴族文化の輝きであったと言える。そして18世紀にはフランスに啓蒙思想が起こり、新たな文化の担い手として市民が台頭し、その文化の展開される場も宮廷や貴族のサロンから、市民の集うコーヒーサロンなどへと移行していくのである。

印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章3節 ウ.宮廷文化