印刷 | 通常画面に戻る |

ウィルソン

第二次大戦後のイギリス労働党の指導者。60~70年代に数回にわたり組閣したが、イギリス経済の停滞を打破できなかった。

 戦後のイギリス労働党政治家。1964~70年の第1次と、74~76年の第2次の2度、イギリス首相となった。50年代から60年代初め、保守党の長期政権のもとでスエズ戦争の敗北やEEC参加を拒否されるなど、イギリスの権威の失墜が続き、1964年の総選挙で48歳の党首ウィルソンの率いる労働党がアトリー内閣以来13年ぶりに政権に復帰した。
 経済政策では1967年にポンド切り下げに踏み切り、輸出を増やし国際収支の改善を図った。同年、EECへの参加申請をしたが失敗した。外交面ではスエズ運河以東からの撤兵を実現した。しかし、北アイルランド暴動が激化し、解決できなかった。