印刷 | 通常画面に戻る |

沖縄返還

1972年、沖縄の施政権がアメリカから日本に返還された。

 太平洋戦争末期、沖縄戦で多大な犠牲をはらい、戦争は終結した。沖縄は戦後アメリカの施政権下におかれ、1952年からはアメリカ民政府の下で琉球政府が発足したが、その主席は民政府による任命制であった。また住民の土地が収用されて多数のアメリカ軍基地が置かれていた。1960年代から活発な祖国復帰運動が始まり、1967年に佐藤内閣とジョンソン大統領の間で3年以内に返還することが約束された。69年には佐藤=ニクソン会談の結果、日米共同声明が発表され、日米安全保障条約の堅持、「核抜き・本土なみ」の返還が合意された。これらに基づき1971年に沖縄返還協定が調印され、72年5月に返還が実現した。しかし、施政権は返還されたものの、米軍基地はそのまま残され、「核抜き」についても大きな疑惑が存在したため、大きな反対運動が起こった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章2節 ウ.アメリカの繁栄と西欧・日本の復興