印刷 | 通常画面に戻る |

サンフランシスコ平和条約

1951年9月、サンフランシスコ講和会議で締結された第二次世界大戦での西側諸国と日本の講和条約であり、日本に対する占領の終結と主権回復を認めた。1952年、4月28日に発効した。

 1951年9月8日、サンフランシスコ講和会議の結果として締結された第二次世界大戦連合国諸国と日本の講和会議である。連合国のうち、48ヵ国が署名して日本の主権の回復が認められた。48ヵ国は日本が直接交戦しなくとも、中南米諸国などドイツに宣戦布告したため自動的に日本と交戦国となっていた国々が多い。ただし、交戦国であった中国(中華民国・中華人民共和国)とソ連、およびインド・ビルマが加わっていないので、片面講和と言われた。発効は52年4月28日。

主な内容

  • 戦争状態の終結、日本の主権の回復:日本は個別的および集団的自衛権をもち集団的安全保障条約に参加できること。
  • 領土の規定:日本は朝鮮の独立を承認、台湾・澎湖諸島、南樺太・千島列島を放棄する。琉球諸島と小笠原諸島はアメリカの統治下に置かれた。
  • 賠償:外国為替上の負担を日本にかけない、とされ事実上無賠償となった。

意義

 日本が主権を回復するとともに冷戦の中で西側陣営に組み込まれるサンフランシスコ体制が成立した。中国、ソ連との国交回復はなされず、北方領土問題を含めてこれ以後の大きな問題の発端となった。また同時に締結された日米安全保障条約によってアメリカとの同盟関係が成立し、米軍の駐留が恒常化された。

問題点

 サンフランシスコ講和会議、およびサンフランシスコ平和条約条約の問題点は次の通りである。
  1. 日本の最初の交戦国である中国が、中華民国・中華人民共和国のいずれの代表も会議に招聘されず日中間の講和は後回しとなった。(アメリカは中華民国=台湾のみを代表と認めたが、ソ連とイギリスは中華人民共和国を承認していたので、どちらを招聘するかで意見が対立し、トルーマンは結局そのいずれをも招聘しなかった。)
  2. ソ連は、会議には参加したが、条約には中国代表が参加していないこと、日本独立後もアメリカ軍が駐留することに反対して署名しなかった。そのため、日ソ国交回復もできなかった。
  3. インド・ビルマという、いずれも日本と交戦したアジアの諸国が、中国の不参加を理由に会議に参加せず、条約にも署名しなかった。

中国・インド・ビルマ・ソ連などとの国交回復

 サンフランシスコ平和条約条約に加わらなかった諸国との国交回復(平和条約締結)は次のように行われた。
 中華民国(台湾)=国民党政権とは1952年4月、日華平和条約を、インドとの間では1952年6月、日印平和条約を、ビルマとの間では54年11月、日本ビルマ平和条約をそれぞれ締結し、いずれも賠償請求権は放棄された。
 中華人民共和国=中国共産党政権とは依然として国交を持たなかったが、70年代に入り政府が方針を転換、1972年に日中国交を回復し、日華平和条約は破棄された。なお、1978年には日中平和友好条約が締結された。
 ソ連との間は、1956年に日ソ共同宣言が出されて国交を回復したが、平和条約は締結されていない。
 なお、大韓民国とは1965年、日韓基本条約を締結し国交関係を樹立したが、日本は韓国を「朝鮮半島における唯一の合法的な政府」と認定し、北朝鮮を無視する姿勢をとっているため、北朝鮮とは国交関係は成立していない(つまりこの部分では戦争は終わっていない)。

日米安保と集団的自衛権

 全面講和を主張し、片面講話に対して反対する声も強かったが、吉田茂内閣はサンフランシスコ講和会議条約に調印した。国内では日本の独立回復を祝う声で覆われたが、独立回復とひきかえに日本が選んだ日米安保体制によって、戦後日本のあり方が規定されることになり、懸念されたさまざまな問題がここから始まったともいえる。  サンフランシスコ講和会議条約では日本の個別的自衛権と集団的自衛権を有することが認められ、まず再軍備が始められた。それは日本国憲法と矛盾することであったが、「専守防衛」に徹することは憲法には反しないという「解釈」がなされた。しかし、さすがに「集団的自衛権」は専守防衛から外れることが想定されるので、「日本は集団的自衛権は有しているが憲法の制約があるので行使はできない」というロジックが政府の公式見解とされることになった。

領土問題の棚上げ

 戦後日本の領土は、ポツダム宣言(およびその前提となるカイロ宣言と、このサンフランシスコ講和会議条約で確定されたはずであった。しかし、ソ連が加わっていなかったことと千島の定義が不明確であったところから北方領土問題が残り、また韓国との間には竹島問題、中国との間には尖閣問題で禍根を残すこととなった。

主権回復記念行事の開催

 第二次安倍晋三内閣は、2013年4月28日、政府主催で「主権回復記念行事」を天皇皇后の出席のうえ開催した。この日付は、1952年にサンフランシスコ平和条約条約が発効し、日本が連合国軍総司令部(GHQ)の占領から脱し、主権回復を認められたことを受けている。自民党政権はこの日を主権回復の日と位置づけたが、それに対してはサンフランシスコ平和条約条約と同時に日米安全保障条約が締結されて、日本のアメリカに対する軍事的従属が確定したこと、特に沖縄は広大な米軍基地が残存していることから、真の主権回復ではないとし、その日を政府主催で祝うことは沖縄を切り捨てることになるとして反対運動も繰り広げられた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章2節 ア.朝鮮戦争と冷戦体制の成立