印刷 | 通常画面に戻る |

公民権法

1960年代のアメリカ黒人の公民権運動が盛り上がり、それによって64年に制定された選挙権など差別を無くす立法。

 公民権法(Civil Right Act)は、黒人差別に対してキング牧師らによって1950年代から進められた公民権運動の高まりを受け、1964年7月、アメリカ議会で成立、制定された法律。ケネディ大統領によって取り組まれ、その暗殺後、後任のジョンソン大統領の時に成立した。主として黒人の公民権を幅広く認めた法律で、その内容は次の通り。
  1. 黒人選挙権の保障。選挙の際の「読み書き能力テスト」の禁止など投票権行使における人種差別を排除。(この黒人選挙権の保障は、翌年に制定された1965年投票権法によって強化された。)
  2. 人種、肌の色、宗教、あるいは出身国を理由に、公共施設及びホテル、レストラン、映画館などの施設で差別もしくは隔離されてはならず、すべての人が財、サーヴィス、設備、特典、利益、便宜を「完全かつ平等」に享受する権利を有すること。
  3. 公教育における人種差別を排除するため、合衆国教育局がその実情について調査し、人種共学の実施について専門的援助を行なうこと、また司法長官は適切な救済措置をとること。
  4. 広く雇用における人種差別廃止をおし進めるために、平等雇用機会委員会を設置し、また裁判所にたいし適当な「差別是正措置」(アファーマティヴ・アクション Affirmative Action)を講じるよう命じている。
 この公民権法の成立は、黒人の差別反対闘争の大きな収穫と言えるが、これで問題が解決されたわけではなかった。南部の黒人の差別は依然として根強く、また北部においても特に大都市において貧富の格差が拡大し、現状に不満な黒人の中には、非暴力抵抗をすてて実力で白人に対抗しようと言うブラックパワー運動が1960年代後半から台頭してくる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章4節 イ.米ソ両両大国の動揺