印刷 | 通常画面に戻る |

公民権運動

1950年代後半から活発となったアメリカの黒人の基本的人権を要求する運動。1964年に公民権法が成立した。

 1863年の奴隷解放宣言、65年の憲法修正13条によってアメリカ合衆国の奴隷制度は廃止されたが、黒人は経済的な自立が困難であったため貧困が続き、黒人に対する差別はなおも続いた。特に南部諸州では黒人差別が強まり、差別的な立法が相次ぎ、黒人は職業や居住、教育などの自由を奪われ、選挙などの権利を事実上剥奪される状態となった。
 第二次世界大戦では黒人も兵士として動員され、戦後は平等な権利を求める声がさらに強まった。そのような中で1950年代に黒人自身の間で強まったのが白人と平等な諸権利を要求する公民権運動であった。

運動の始まり

 1950年代からアメリカ南部の黒人の間に自然発生的に人種差別反対の動きが活発になってきた。1953年にはルイジアナ州バトンルージュで、55年にはアラバマ州モントゴメリーでいずれも黒人のバス・ボイコット運動が起こった。白人専用座席に着席した黒人女性が座席移動を拒否して逮捕されたことから、黒人が抗議のためバス乗車を拒否したものである。モントゴメリーのバスボイコットでは弱冠26歳のマーティン=ルーサー=キング牧師が指導者となり、非暴力抵抗運動を展開した。最高裁は56年、バスの人種隔離は違憲であるとの判断を示した。57年にはアーカンソー州リトルロックで黒人生徒の公立高校入学を州知事が拒否して州兵を動員してその登校を阻止するというリトルロック事件が起きた。アイゼンハウアー大統領は連邦軍を動員、連邦軍に守られて黒人生徒が登校するという事態となった。各地で同様な事件が起こり、また白人側のこの運動に対する反発も強まり、リンチ事件が多発した。

運動の高揚

 1961年大統領となったケネディは黒人に公民権を認め、差別撤廃に乗り出す方針を示した。1963年8月にはキング牧師らが指導し、全国の黒人、差別に反対する白人も含め、20万人がワシントン大行進を敢行し、政府にその政策の即時実施を迫った。ケネディ大統領暗殺後、その政策を継承したジョンソン大統領によって、1964年7月、公民権法が成立し、一定の前進を見た。

参考『ミシシッピ・バーニング』

 ジーン=ハックマン主演で映画化された『ミシシッピ・バーニング』(監督アラン=パーカー、1988年作品)は、公民権運動の最中の1964年、ミシシッピー州ジュサップをでおきた3人の公民権運動家の失踪事件を捜査する2人のFBI捜査官の姿を通して、アメリカの南部における人種差別問題を描いている。そこには、1960年代の南部でのすさまじい黒人差別の実態、その根の深さが衝撃的に展開されている。監督のアラン=パーカーは、『エビータ』(アルゼンチンの独裁者ペロン夫人を主人公としたマドンナ主演のミュージカル)や『愛と哀しみの旅路』(第2次大戦中の日系人収容所を舞台とした物語)などで知られている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章4節 イ.米ソ両両大国の動揺
DVD案内

アラン・パーカー監督
『ミシシッピー・バーニング』
出演 ジーン・ハックマン
ウィレム・デフォー