印刷 | 通常画面に戻る |

タクシン

2001年にタイの首相。06年に不正疑惑があり軍事クーデタで退陣。

現代のタイの実業家、政治家。2001年から首相を務めるが、2006年に不正疑惑で国民の不審を買い、9月の軍事クーデターで失脚した。タクシンは警察官僚出身であるが実業家としても有能で、一代でシン・グループという企業集団を作った。その後タイ愛国党を組織、2001年総選挙で勝利して首相となった。その低所得者救済を掲げた経済政策(タイ愛国党とは右翼政党ではなく、タイ共産党系やかつての学生運動家たちが含まれている)や麻薬撲滅運動、アメリカにも一言いう外交姿勢などが国民的な人気を博した。しかし反面、家族への利益供与や親族企業のインサイダー取引、娘の不正入学疑惑、タイ南部のイスラーム系反政府勢力への強硬姿勢、麻薬撲滅を口実とした人権抑圧、マスコミ統制など批判も多くなった。2006年、タクシン首相のインサイダー取引疑惑が明るみに出ると、反撃して下院を解散し選挙に打って出たが野党が選挙をボイコット。首相は一旦退陣を表明したが居座りをつづけた。それに対して2006年9月、軍部が「民主主義を守る」と称してタイ軍事クーデターを決行し、タクシン首相は失脚した。
印 刷
印刷画面へ