印刷 | 通常画面に戻る |

タイ軍事クーデタ

第二次大戦後、タイでは軍事クーデタが多発した。

 戦後のタイピブン政権、サリット政権の軍事クーデタ以後、クーデタと政権の成立には、軍事政権の登場→憲法制定→政党政治の復活→政治権力の腐敗→軍によるクーデタ→軍事政権の登場、という悪循環が何度も繰り返されて、場合によっては市民集会やデモに軍が発砲して犠牲者が出るという痛ましい事件も相次いでいる。サリット政権以後の主な権力権力と、クーデタ及び民衆弾圧事件にはには次のようなものがあった。<末廣昭『タイ 開発と民主主義』1993 岩波新書 などより>

・タノム=プラパート政権

 1963~73年 サリット政権を引き継いだ開発独裁政策を推進。ベトナム戦争が深刻化。ASEAN結成。70年代、学生運動激しくなる。60年代、日本商品の流入が増大してきたことに対して、1972年、日貨排斥(日本製品不買)運動起こる。

・10月14日政変

 1973年 権力中枢の不正蓄財が明るみに出て、反政府運動激化。軍が発砲して市民多数が死傷。国王が特別声明を発し、タノム首相ら辞任、国外に逃亡。民衆運動で民主化が進み、労働運動、学生運動、武装闘争方針をとるタイ国共産党の活動が活発となる。ベトナム戦争終結後、ベトナム、ラオス、カンボジアに社会主義政権が生まれたことが、軍部・右翼保守派の危機感を増した。

・血の水曜日事件

 1976年10月6日 民主化の進展を警戒した軍部と右翼が学生運動の拠点タマサート大学を武装襲撃し発砲、死者46名・逮捕2000名(実際は死者100名以上、行方不明100人以上)。

・プレム政権

 1980~88年 プレムは軍人出身だが、政権にテクノクラートを配して調整型の政治を行い、国王権威を最高に利用する。経済成長に成功し、NIEsに近づく。民選首相の声強まり88年総選挙に敗れ退陣。

・チャートチャーイ政権

 1988~91年 タイ民族党党首。血の水曜日事件直後に成立したが短命だったセーニー内閣に次いで、12年ぶりの文民首相。「インドシナを戦場から市場へ」と提唱。一族や実業人で内閣を組織、国営企業の民営化をIT関連を中心に急激な経済成長を実現したが、金権内閣と非難されるようになる。

・1991年軍部クーデタ

 2月23日の金権内閣打倒を掲げる軍人が決行。国民もクーデタを暗黙の内に支持。チャートチャーイ内閣倒れ、暫定内閣を経た後、憲法を制定、92年スチンダー陸軍司令官が首相就任。

・1992年5月の流血事件

 5月14日 スチンダー司令官の総理就任に対し、軍人内閣に反対した市民が集会。たちあがったのは都市中間層で「携帯電話を持った市民」といわれた。軍が集会に向かって発砲、53人の死者が出る。事態収拾に乗り出したプミポン国王がスチンダーを辞任させ、チュアン(穏健な民主党の党首)が首相となった。

・チュアン政権での経済成長

 文民内閣のもとでバブル経済が続いたが、次の軍人内閣チャワリット内閣の期、1997年にアジア通貨危機が勃発、再びチュアンが首相となった。

・タクシン政権と06年クーデタ

 タイ愛国党を率いる警察官僚出身の実業家タクシンが、低所得者救済などを掲げて国民的な人気を集め、2001年の大統領選挙に当選し、タクシン政権が成立した。しかし一族の不正な蓄財などが明るみに出て、またクーデタが起こった。2006年9月19日、タクシン首相が国連総会に出席して留守の間に軍がクーデタを断行。ソンティ司令官が実権を握り、暫定首相として元軍人でスラユットが就任した。プミポン国王はクーデタ支持を表明。政府は愛国党に解散命令を出した。タクシンは非常事態宣言を出して対抗しようとしたが、裁判所はその無効を判決し、彼自身がタイに戻れない状態になっている。アメリカなど各国は戒厳令を早く解除し完全な民政への移行を勧告した。しかし、これもタイ「名物」の軍事クーデタという感じで、国民は冷静に受け止めていた。

・タクシン派、反タクシン派の衝突

 2007年には民政に移管し、タクシン自身は国外追放が解けなかったので国外にいたがタクシン派が勝ち、タクシン派の内閣が出来た。ところが反タクシン派がしめる憲法裁判所が不正選挙を理由に首相を失職させるという司法クーデタが起こった。その後も同様な対立が続き、2009年~10年からはタクシン派の赤シャツを着た民衆(タクシン支持派は貧困層が多い)と反タクシン派の黄色シャツが街頭で衝突をくり返し、国際空港も麻痺するという事態が連日世界に奉じられ、タイは混乱の度合いを増していった。

・2014年の軍部クーデタ

 それまで事態を静観していた軍部が2014年5月22日にクーデタを実行、インラック元首相(タクシン元首相の妹)など政治家を拘束、憲法と議会を停止し、プラユット陸軍大将が軍事政権を樹立した。厳しい人権制限、報道管制が敷かれた軍政が続く中、2016年国王ラーマ9世(プミポン国王)が死去し、新国王ラーマ10世が即位した。新国王は新憲法の署名を拒否したり、海外生活が長く愛人問題があったりして国民的支持が今ひとつのようである。

・2020年 コロナ禍の中の民衆蜂起

 そのような中、コロナ禍にさらされる中、2020年10月に若者の中から軍政反対のデモが起き、大きくなり始めている。彼らの要求には王室改革も含まれており、これまでのような「軍事クーデタ→軍政→民衆の蜂起→国王の仲裁による秩序回復」を繰り返してきたタイの軍事クーデタの歴史が変化するかもしれず、注目される。<2020/11/22記>
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

末廣昭
『タイ 開発と民主主義』
1993 岩波新書