印刷 | 通常画面に戻る |

南スーダン共和国

2011年7月、スーダンから分離独立した、アフリカ54番目の独立国。

 2011年7月9日にアフリカ第54番目の独立国となった。首都はジュバ。アフリカの中央部、エジプトの南に広大な国土を有していたスーダン共和国の南部一帯で、1955年以来、半世紀続いて2005年に終結した、北部イスラーム教徒と南部非イスラーム教徒間のスーダン内戦を克服した結果であった。なお、193番目の国際連合加盟国となる予定である。

現在も続く対立

 南スーダンは原油産出地域であり、その利権をめぐっての南北対立でもあった。北部のスーダンは結局南スーダンの独立を認めたが、その積み出しのためのパイプラインはすべてがスーダン領を通っているので、依然として利権を主張している。また、中間地域で南スーダンに組み込まれたアビエイ地区にはアラブ系住民も多く、独立に依然として反対しており住民間の対立も解けていない。最近の情報でもアビエイ地区の非アラブ系住民(黒人)の約10万人がアラブ系住民の暴力を避けて首都ジュバに避難しているという。<朝日新聞 2011年7月9日朝刊>
印 刷
印刷画面へ