印刷 | 通常画面に戻る |

エピクロス派

ヘレニズム期の哲学の一派。アテネのエピクロスに始まり一般に快楽主義と言われている。

 前4世紀末から前3世紀にかけて、ヘレニズム時代のアテネで活躍したエピクロスを中心とする学派。エピクロスはアカデメイアで哲学を学ぶとともに、自然哲学のデモクリトスの原子論の影響を強く受け、人間の生命も原子からなる以上、死を恐れたり不安に思ったりすることは無意味であると説いて、感覚に基づいた穏やかな快楽(アタラクシア)を求めることは正しい、と考えた。これは、ゼノンストア派の禁欲的な考えと対立する、ヘレニズム期の二つの大きな哲学の潮流となる。快楽主義とも言われ、英語の epicurean はここからでている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 コ.ギリシアの生活と文化