印刷 | 通常画面に戻る |

遠洋航海術

15世紀、羅針盤の利用などで可能になり大航海時代をもたらした。

 中世ヨーロッパの地中海や沿岸航路で使用された船は、ガレー船といって、帆は一本マスト、多くの漕ぎ手を必要とする大型船であった。この船は古くから用いられ、ていたが、大型なので風波にもろく、また多くの漕ぎ手の食料・飲料水が必要となるので、遠洋航海には不向きであった。すでにインド洋ではイスラーム商人がダウ船という三角帆の帆船を使って遠洋航海を行っていたが、おそらく十字軍時代にそれを知った地中海の船乗りたちの間でも帆船が用いられるようになったと考えられる。しかし、14世紀までは一本マストで船室もない、簡単な構造の物が狩猟であった。

大型帆船の登場

 15世紀の大航海時代になると、ポルトガルで、船舶形態は大きく変化した。1415年以降、西アフリカ航海に進出したポルトガルは、もっと軽快な小型船を開発したが、それはバルシャ(バルカ)船と呼ばれるもので、大型ボートに帆を張った程度の信じられないような小さな船であった。1440年頃、三本のマストに三角帆を張ったカラベル船があらわれ、遠洋航海の主力となった。これはムスリム商人の用いたダウ船の帆を取り入れた新型船で、これによって風に逆らってでも航行できるようになった。カラベル船を大型化して、長期の航海を可能にしたのがナウ船で、さらに大型化されたのが1000トン級のカラック船で、1000人もの乗組員を乗船させることができた。16世紀の中頃から、スペインではガレオン船という3本~4本マストの大型帆船が使われるようになり、スペインのマニラとメキシコを結ぶガレオン貿易で活躍した。

Episode 船の形態革命

 エンリケ航海王子の時代以前は、一本マストと横帆だった船が、15世紀初頭の短い間に三本マストが突如として現れたのは実に驚くべきことである。それはおそらく船の大型化の結果であろう。もう一つの改良が船尾に付ける舵である。元来は船尾に括り付けられた櫂で操船していたが、中世になると舵は軸針などのよって船尾に懸垂され、舵柄で操作されるようになった。これによって船首と船尾の構造が区別され、その形は帆船に継承される。エンリケの初期の船長が用いたバルカ船は、25トン程度で15,6人が乗り、横帆のついた一本の主マストをもち、船尾の三角帆は必要なときだけ装帆された。ジル=エアンネスがボジャドール岬を回航したときはこの様な船だった。1440年頃から“船の形態革命”がたけなわになり、カラベル船が出現した。これはエンリケ時代の開発であることはたしかである。<ペンローズ『大航海時代』荒尾克己訳 筑摩書房 p.332>

航海術の発達

 《地球》に関する知識と同等の重要性を持つのが航海知識であった。「外洋を満足に航海するには次の三つ、即ち針路(コース)を決める地図、《北》の位置を決定する羅針儀(コンパス)、そして太陽または月の位置を捉えて緯度を決定する器具が不可欠である。」1400年頃には既に、これらの装置はかなり有効な物となっていた。地図では少なくとも地中海の海岸線に関しては現在とほとんど変わらない、《ポルトラーノ海図》が作られていた。羅針盤はおそらく2世紀ほど前から知られていたが、1380年頃には下面に北を指す指針の付いた回転する方位牌(カード)を具えた、実質的には今日と同形式のものが出現していた。船位測定にはアストロラーベがギリシア時代から知られており、アラビア人の手を経て地中海の船乗りに継承されていた。アストロラーベは一個の円盤で周縁部に角度が順に刻まれ、中心には回転する棒が取り付けられていて、太陽の高度(仰角)を照準できる。水平線に対する太陽の角度はこうして読み取られ、緯度が産出される。一年の毎日についてそれぞれ異なる太陽の赤緯に基づいて計算された位置表は13世紀の終わりには出来上がっており、1478年ごろアブラハム=ザクート(スペイン系ユダヤ人)が改良した。このザクートはポルトガルに渡り、ヴァスコ=ダ=ガマに協力し、天測実技の訓練を行い、各種の航海暦を調整している。ヴァスコ=ダ=ガマの成功にはこのザクートの協力が大きかった。<ペンローズ『大航海時代』荒尾克己訳 筑摩書房 p.26,327>

Episode 大きかった誤差

 この時代の航海は、アストロラーベという測定器で北極星や太陽の高さを測定して緯度をはかり、羅針盤で方位を定めて進んだ。しかし船の進んだ距離は、綱の先に浮きをつけて海に投げ込み、船の速度をはかって計算したので、誤差が大きかった。<増田義郎『大航海時代』ビジュアル版世界の歴史 講談社1986 などによる>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章1節 ア.大航海時代
書籍案内
ボイス・ペンローズ/荒尾克己訳『大航海時代』
ボイス・ペンローズ/荒尾克己訳『大航海時代』
1985 筑摩書房