印刷 | 通常画面に戻る |

ローマの平和

前1世紀末、ローマ帝国の出現によって実現した地中海世界の平和。

ラテン語で Pax Romana という。前27年、ローマ帝国アウグストゥスの即位から、後180年の五賢帝時代の終わりまでの200年間、地中海世界に大きな戦争がなかく、ローマの支配権のもと平和が実現された。地中海世界は、前5世紀のペルシア戦争とペロポネソス戦争、前4世紀のアレクサンドロスの戦争、イタリア半島統一戦争、前3世紀のポエニ戦争、前2世紀のマケドニア戦争、前1世紀の「内乱の1世紀」とその終わりのアクティウムの海戦まで、常に戦争が絶えなかったが、ローマの派遣によって地中海は「ローマの内海」と化したことをいう。パックス=ロマーナはラテン語で「ローマの平和」の意味。これをもじって、パックス=ブリタニカ(19世紀の大英帝国)、パックス=アメリカーナ(現代)などどいう。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 エ.ローマ帝国