印刷 | 通常画面に戻る |

儒家

中国の諸子百家の一つで、孔子を祖とする学派。

春秋時代末期の孔子の教え「儒学」または「儒教」を奉じる一派で諸子百家のひとつ。人間愛である「仁」、社会秩序を意味する「礼」を重視し、孝、悌などの家族道徳を守ることによって治国平天下をめざす思想。西周を理想的な時代ととらえ、戦国時代にの混乱を克服する道を探った。戦国時代の曹子、子思、孟子荀子らが発展させ、儒学または儒教と言われるようになる。秦の始皇帝によって厳しく弾圧された(焚書坑儒)が、漢時代には武帝が儒学者董仲舒の意見を容れて、儒学を官学として採用し、それ以後は各王朝に保護され中国の最も正統的な学派となる。このとき、『詩経』『書経』『易経』『礼記』『春秋』の5つの経書(けいしょ)を最も重んじられ、「五経」として定められた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 オ.社会変動と新思想