印刷 | 通常画面に戻る |

邪馬台国

『魏志倭人伝』に現れる倭人の国家。

『魏志倭人伝』では、3世紀に倭人の国30あまりを従え、女王卑弥呼が治めていたという。239年に三国時代のに使いを送り、朝貢して冊封を受け、「親魏倭王」の印綬と銅鏡100枚を賜った。この邪馬台国の位置については、日本の歴史学会で古くから論争があり、九州説と大和説が対立している。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 オ.周辺諸国の形成