印刷 | 通常画面に戻る |

三国時代、曹操が魏王となった後、その子曹丕が建国。

三国時代の魏は、220~265年、洛陽を都として華北一帯を支配した。後漢末の曹操が、献帝を擁して実権を握り、213年魏公、216年魏王となる。220年、曹操の子の曹丕が献帝に譲位を迫り、禅譲の形式で皇帝となった(魏の文帝)。明帝の次に幼帝が立つと、249年家臣の司馬懿がクーデターを起こして実権を握り、その後司馬氏一族の支配が続く。その間、263年蜀を滅ぼす。265年、司馬炎は禅譲を受けて(西晋)を建国する。
魏では曹操の始めた屯田制、曹丕が始めた九品中正制が重要で、後の王朝にも継承された。また三国の中でもっとも東に位置していたので、遼東の公孫氏や高句麗と戦った。その背後にある日本の邪馬台国の女王卑弥呼が239年、魏に使者を送っている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代