印刷 | 通常画面に戻る |

冊封体制

古代~中世の東アジアで中国王朝と周辺諸国間に成立した国際秩序。漢に始まり、隋唐時代に典型的に現れ、その後も形式的に続いた。

さくほうたいせい。古代の東アジアにおいて、中国の王朝が周辺の諸民族と取り結んだ関係と、それによってできあがった国際秩序を冊封体制という。これは歴史学上の用語で、提唱したのは西嶋定生氏であるので、彼の定義を見てみよう。
(引用)中国の皇帝が周辺諸国の首長を冊封して、これに王・侯の爵位を授け、その国を外藩国として統属させる体制を私は冊封体制と呼んでいる。冊封という形式は、本来は国内の王・侯に対する爵位授与を意味するものであるが、その形式が周辺諸国に対する中国王朝の統属形式に用いられたのである。そしてこの冊封体制を基軸として、周辺諸国と中国との政治的・文化的関係が形成され、そこに東アジア世界が出現すると考えるのである。<西嶋定生『秦漢帝国』講談社学術文庫版>

冊封体制の実際

 具体的には、漢帝国の初期に、国内では郡国制をしき、朝鮮と南越をそれぞれ王と認めてたことに始まる。その後、漢の武帝は、朝鮮と南越に郡県制をしき、直轄領としたので、冊封体制は一時消滅したが、その後、儒教が国教化されると、周辺の夷狄(異民族)に対して中国の王道を及ぼすという中華思想、王化思想が強まり、高句麗との冊封関係が復活し、三韓諸国、倭国などもそれに組み込まれた。魏晋南北朝時代には、中国の王朝が分裂弱体化したが、高句麗・百済・新羅・日本などが成長し、いずれかの王朝と冊封関係を結ぶことで、東アジア世界は一体となって展開することとなる。その完成された形が、隋唐時代の東アジア世界である。

隋唐の国際関係

 魏晋南北朝の分裂時代を終わらせ中国を統一したは30数年で崩壊したが、それに続いた唐帝国は、広大な領土を直接支配すると共に周辺諸民族・諸国家に対する優越的な宗主権を有し、「世界帝国」の一例と考えられている。ただし、隋唐の王朝と東アジア諸国の関係は、冊封関係だけではなく、特に北方民族に対しては羈縻政策もとられており、そのどちらを本質的ととらえるか学説が異なっている。実際には多彩な方式がとられたことに注意しよう。

明代の冊封体制

 14世紀にを建国した洪武帝は、国内で皇帝専制支配を復活させ、対外政策では「中華思想」にもとづく朝貢貿易の形態を採り、民間人の渡航は厳しく制限する海禁を打ち出した。その背景には倭寇の広範な活動があり、それを抑える目的があった。明の全盛期となった永楽帝は、勘合貿易による貿易統制を強め、に日本の室町幕府の将軍足利義満を「日本国王」に封じた。これは冊封体制の一時的な復活と見ることも出来る。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章3節 ウ.唐と隣接諸国
書籍案内

西嶋定生『秦漢帝国』
1997 講談社学術文庫