印刷 | 通常画面に戻る |

顔真卿


顔真卿書『多宝塔碑』
『世界の歴史教科書 中国』p.388

8世紀、唐代の盛唐の時期の書家。豊かな書風の書を残した。安史の乱で唐朝側の太守として戦死した。

 がんしんけい 709~785 盛唐(玄宗の時代)の書家。魏晋南北朝時代(4世紀)の東晋の王羲之の貴族的な書風に対し、雄勁な書風をつくりだした。初唐の欧陽詢・虞世南・褚遂良の三人に加え、唐代の書道の四大家に加えることもある。その書は初唐の欧陽詢や褚遂良の丹精な書風に対して、豊かな肉付きがあり「気迫雄大」とも評される。 → 唐の文化

安史の乱で反乱軍と戦う

 顔真卿は唐朝に仕える役人であったので、安史の乱が起こったときは山東省の平原郡の太守(地方長官)だった。唐朝への忠誠心の強い顔真卿は、反乱軍の安禄山軍に抵抗して戦った。義勇兵を募って戦ったが利あらず、藩鎮の李希烈が反乱を起こすと使者となってその折衝したが、捕らえられて殺されてしまった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 イ.唐の制度と文化