印刷 | 通常画面に戻る |

褚遂良


褚遂良 明版『集古像賛』

褚遂良書 雁塔聖教序
『改訂東洋美術全史』p.289

7世紀前半、唐代の政治家、書家。初頭三大書家の一人。則天武后を立后させようとした高宗を諫めたことでも知られる。

 ちょすいりょう 596~658 の全盛期、太宗と次の高宗に仕え宰相ともなった。書家としても著名で、欧陽詢・虞世南(ぐせいなん)とともに初唐三大書家とされる。太宗は自ら書道を愛好し、王羲之の木石を探索させ、科挙においても書の善し悪しを採点の基準の一つにした。はじめ、虞世南を書の書道の先生にしていたが、その死去後、もはや先生はいないと嘆く太宗に、魏徴が褚遂良を推薦した。なお、盛唐の顔真卿を加えて、唐代の四大書家という場合もある。  → 唐の文化

Episode 則天武后の立后に反対し左遷される

 褚遂良は、太宗と高宗に仕え、有能な宰相として知られていた。高宗が則天武后を皇后にたてようとしたとき、武后が高宗の父太宗にも仕えていたことから、猛烈に反対し、もっていた笏(しゃく。高級役人が手に持つ細長い板。)で自分の頭を叩いて血を流し、「この笏は陛下におかえしし、私は郷里に隠棲したい」といい張った。高宗と武后の不興を買い、地方官に左遷されてしまった。<布目潮渢・栗原益男『隋唐帝国』講談社学術文庫 p.113>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 イ.唐の制度と文化