印刷 | 通常画面に戻る |

ワールシュタットの戦い

1241年、モンゴル帝国のバトゥの率いるヨーロッパ遠征軍とポーランド諸侯らとの戦い。

 ポーランドに侵入したバトゥの率いるモンゴル帝国軍が、1241年にポーランド・ドイツ連合軍と衝突した最大の決戦。ワールシュタットはポーランド西部のシロンスク(ドイツ名シュレジェン)地方のリーグニッツ(レグニツァ)草原にあり、この戦闘はリーグニッツの戦いともいう。双方の軍隊はそれぞれ3万と言われる。モンゴル軍はバトゥの部将バイダルとカダアンが指揮、ポーランド・ドイツ連合軍はシュレージェン(シレジア)公ハインリッヒ(ヘンリック)2世が率いた。モンゴル軍は軽装の騎兵を中心とした集団戦法を取り、重装備の騎士の一騎打ち戦術をとるポーランドとドイツの連合軍を翻弄し、ハインリッヒ2世も戦死して、モンゴル軍の大勝となった。モンゴル軍は討ち取った敵兵の耳を切り取り集めたのが大きな袋9袋になったという。キリスト教世界は強い恐怖におびえ、ローマ教皇インノケンティウス4世はフランチェスコ会修道士プラノ=カルピニをモンゴルに派遣し、情報の収集を図った。

Episode ワールシュタットの戦いの疑問

(引用)世界史上よく知られたこの会戦も、実は本当にあったかどうか、定かではない。同時代文献にはまったく見えず、15世紀の文献で突然に大きく語られるからである。少なくとも、ポーランド諸公も、また当時はせいぜい200から300程度の動員力しかなかったといわれるドイツ騎士団も、この「会戦」を境に、大きくその顔触れが変わるなどということはない。客観情勢は、この「会戦」がたとえあったとしても、ささやかなものであったことを示している。<杉山正明『モンゴル帝国の興亡』上 講談社現代新書 p.84>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ア.モンゴルの大帝国
書籍案内

杉山正明『モンゴル帝国の興亡』上 講談社現代新書