印刷 | 通常画面に戻る |

アリクブケ

モンゴル帝国のチンギス=ハンの孫。兄のフビライとハンの地位を争ったが、1264年に投降した。

 アリク=ブケ、アリクブカとも表記する。チンギス=ハンの孫の世代。トゥルイの第4子で、モンケ、フビライ、フラグの末弟。1260年、兄のモンケ=ハンが南宋遠征中に急死したとき、兄弟中で唯一カラコルムに残っていたので、急きょクリルタイを開催し、第5代ハンに推挙された。しかし、それより前に南宋遠征中のフビライも開平府でクリルタイを開いて第5代ハン即位を宣言していたので、兄弟間の争いとなった。両者は激しく争ったが、チャガタイ家などがフビライ側に付き、また有力者フラグも西アジア遠征中で、しかもキプチャク=ハン国との対立を控えていたので動けず、実力に勝るフビライ軍によってカラコルムを奪われ、1264年に投降した。『元史』や『集史』などのモンゴル正史では正式なハンとして認められ、第5代のハンとしてフビライと併置されている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ア.モンゴルの大帝国