印刷 | 通常画面に戻る |

フラグ

モンゴル帝国の西アジア遠征を指揮し、1260年にイル=ハン国を樹立した。

 モンゴル帝国のチンギス=ハンの末子トゥルイの子で、モンケ=ハンの弟。フレグとも表記。1253年から、モンケ=ハンの命令で西アジア遠征に出発。1256年に北部イランの山岳地帯に勢力を張っていたシーア派イスマイール派の暗殺教団の本拠を攻略して滅ぼした。ついで南下してメソポタミアに入り、1258年にバクダードを陥落させ、最後のカリフ・ムスタースィムを殺し、アッバース朝を滅ぼした。しかし翌年、モンケ=ハンの死により、西アジアのシリア・エジプト攻略は部下のキトブカに任せ、カラコルム帰還をめざしたが、フビライの即位の知らせを受け、1260年に自らはイランの西方のタブリーズを拠点にイル=ハン国フラグ=ウルス)を建国し、イランの統治にあたることとした。  フラグの部下のキトブカはシリア攻略を命じられたが、1260年にマムルーク朝バイバルスとのアインジャールートの戦いで敗れ、シリアからエジプトへの進出はできなかった。フラグはフビライ=ハンを支持したので、フビライと対立していたチャガタイ=ハン国と対立することとなり、さらにイラン北方の肥沃なアゼルバイジャン地方をめぐって同じモンゴル帝国の分国であるキプチャク=ハン国と対立することとなった。1265年、キプチャク=ハン国との戦闘のさなかに急死した。

モンゴルの西アジア征服

 モンゴル帝国のモンケ=ハンは、弟のフラグを1253年から西アジア遠征に派遣した。すでにイラン方面は、チンギス=ハンの遠征によってモンゴルの勢力下に入っており、オゴタイ時代にはイラン総督府が置かれ、ホラーサーンやカスピ海南岸を抑え、アゼルバイジャンからカフカス地方、アナトリアにもモンゴル軍駐屯部隊が活動していた。さらにモンケ=ハンはアフガニスタンからインド方面への進出も構想していたようである。
フラグの遠征の目的 当時、アム川以南の西アジアででモンゴル帝国に服従していなかったのが、北部イランの山岳地帯に拠っていたシーア派イスマイール派の暗殺教団の勢力と、バグダードのスンナ派のアッバース朝残存勢力であった。その先の地中海方面まで進出することを当初から考えていたかどうかはよくわからない。イル=ハン国で書かれたモンゴル帝国の正史『集史』では、フラグはモンケ=ハンからこの地にウルスを建設することを認められていた、と述べている。

Episode モンゴル=十字軍共同作戦

(引用)(フランス王)聖ルイが遠くアジアに謎のキリスト教君主の存在を求めて1253年にカラコルムに派遣したフランシスコ会士ルプルクは無事任務を果たして二年後に帰国したが、その直接の効果ではないにしでも1260年モンゴル=十字軍共同作戦がダマスクス占領の形をとっで実現したことは、ルイ九世の戦略眼を評価する一資料といえよう。モンゴル族の西征に一翼をになったフラグ・ハンは1258年バグダードを陥れて、五○○余年の伝統をもつアッバース朝を滅した後、北シリアに進出してアレッポを占領し、そこで十字軍と初めて接蝕した。1260年3月のダマスクス攻略戦には、フラグの部将で景教徒(ネストリウス派)のキトボガ(キチブハ、キドブカ、キドブハとも)、単性派キリスト教徒のアルメニア王へトウム一世と、アンチオキア侯ボヘモンド五世が同盟して勝利をあげ、宗派こそ違うが三人のキリスト教君主が肩をならべて凱旋したという〔J.R.ストレーヤー〕。このような局地的友好関係がどれほどの必然性をもって継続するか疑問であったが、翌年モンゴル軍は憲宗モンケ・ハンの訃報に接して兵をひいたので、十字軍との交流も杜絶した。<橋口倫介『十字軍』岩波新書 P.199>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ア.モンゴルの大帝国