印刷 | 通常画面に戻る |

ワクフ

イスラーム社会に於ける寄付を意味する語であらゆる公共施設を運用した。

イスラーム世界で、イスラーム法の規定に基づき、公共の施設を運営するために行われる寄付のこと。モスクマドラサ(学校)、病院、キャラバンサライ(商人宿)などの施設を始め、公衆便所や水飲み場などもワクフで運営される。例えば一人の商人が経営する賃貸住宅の利益の半分を、特定のマドラサの運営費に充てることを公衆に約束する。そのマドラサの教授の給与や、学生の寄宿舎の費用はそのワクフから支出されることになる。現在でもイスラーム都市ではワクフが機能している。

Episode 市長も市役所もない都市

 「イスラーム世界の都市には、市長もいなければ市役所もない。権力が都市の秩序を維持したのではなかった。制度化された、閉鎖的な自治組織が都市を維持したのでもなかった。さまざまなワクフが維持したのである。そしてワクフによって維持された施設は、特定の「市民」だけが利用したのではなく、誰でもが自由に利用できたのである。」<『都市の文明イスラーム』新書イスラームの世界史1 講談社現代新書 後藤明執筆分 p.98>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 イ.イスラームの社会と文明
書籍案内

佐藤次高・鈴木董編
『都市の文明イスラーム』
新書イスラームの歴史1
講談社現代新書 1993