印刷 | 通常画面に戻る |

製紙法

中国で発明され、タラス河畔の戦いでイスラーム世界に伝えられた。

は中国の後漢の宦官蔡倫が発明改良し、唐で普及し、751年のタラス河畔の戦いの時、唐軍の捕虜からアッバース朝のイスラーム世界に伝えられたとされている。このときの捕虜の中に含まれていた紙漉工などが、まもなくできたサマルカンドの製紙工場での中心的な技術者となり、麻を原料にした紙の生産が始まった。製紙法は次第に西方にひろがり、ダマスクス、エジプトを経てアフリカ北岸沿いに西に伝わり、12世紀にイスラームの支配下にあったスペインに伝わり、バレンシア地方に製紙工場が建てられた。ついで13世紀にイタリアで製紙工場がつくられ、14世紀にはヨーロッパ全域で紙の製造が始まった。
エジプトではパピルス(Paperの語源)の茎を使った紙が使われていたが扱いや保存に適さず、ローマ時代からは羊の皮をなめした羊皮紙が使われるようになり、ヨーロッパ中世にはほとんどそれが使用されていた。羊皮紙は価格が高く一般の庶民に書物が普及することはなかったが、製紙法が伝わり、印刷術が知られるようになった14世紀には、書物が普及し、知的水準を一挙に高めた。<以上 藪内清『中国の科学文明』岩波新書1970> → ルネッサンスの三大発明