印刷 | 通常画面に戻る |

クローヴィス

フランク人を統合して、481年にフランク王国のメロヴィング朝を創始した。また496年にはカトリックに改宗し、ヨーロッパ世界の出発点となった。

 現在のフランス北西部に入ったゲルマン人の一派のフランク人をはじめて統一し、481年にフランク王国を築き、初代の国王としてメロヴィング朝を創始した。486年、ソアソンに残っていたローマ人の拠点を攻略してガリアからローマ人を最終的に追い出し、北ガリアの地を統一した。

ローマ=カトリックへの改宗

 クローヴィスは、496年、アラマン人(スイス方面にいたゲルマン人の一派)を破ってアルプス方面に進出後、カトリックに改宗した。ローマ=カトリック教会は当時、ビザンツ帝国のコンスタンティノープル教会との間で首座権をめぐって争っていたので、クローヴィスが洗礼してカトリックの信者となったことは、その後ろ盾をえたことになり、重要な意味をもっていた。このクローヴィスの改宗によって、フランク王国とローマ教会が初めて結びつきが始まった。

西ゴート王国との対抗

 クローヴィスの受洗については次のような説明もある。
(引用)497年、クローヴィスは対西ゴート王国作戦を開始し、トゥールを押さえた。トゥール司教ヘルペトゥスはクローヴィスを歓迎し、クローヴィスは彼にカトリック受洗を約束した。翌年、ランスにおいて約束が実行された。クローヴィスの思惑は明らかだった。トゥール司教、ひいては南ガリアの司教たちの目論見も容易に推理できる。「カトリックの王」の名をもって西ゴートを征討する。ガリアに一元的統制を期待する。両者の塩飽は一致していた。<堀越孝一『中世ヨーロッパの歴史』初刊1977 再刊 2006 講談社学術文庫 p.60>
 この説明ではクローヴィスの受洗は498年となる(同書巻末の年表も同じ)。また、西ゴート王国のアラリック2世もカトリック改宗を考えていたが、クローヴィスに先手を取られたという。結局、507年、アラリック2世はクローヴィスと戦って敗死し、西ゴート王国はピレネー山脈の南に限定され、アキテーヌなど南ガリアはフランク王国に併合された。  508年、勝利の帰還の途上、トゥールにおいて、クローヴィスは東ローマ皇帝アナスタシウスからコンスルの称号を受けた。これは、のちのフランク王国のカールの戴冠に符合する動きであった。

クローヴィス後のメロヴィング朝

 クローヴィスは511年に死去、その後のフランク王国は、ゲルマン社会の伝統の分割相続によって分裂し、三つの分国が生まれて争うという内乱がはじまる。その中から宮宰(マヨル=ドムス)となったカロリング家が実権を握ることなる。732年にはカロリング家のカール=マルテルが、イスラームのヨーロッパ侵入トゥール・ポワティエ間の戦いで撃退し、キリスト教世界を守ったことで名声を高め、その子のピピンがメロヴィング朝の王を廃してカロリング朝を創始する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章1節 ウ.フランク王国の発展とイスラームの侵入
書籍案内

堀越孝一
『中世ヨーロッパの歴史』
2006 講談社学術文庫