印刷 | 通常画面に戻る |

チェック人/チェク人/チェコ

西スラヴ人の一系統。チェコ人のこと。10世紀にベーメン(ボヘミア)王国を形成。

 スラヴ人の中の西スラヴ人に属し、現在のチェコ(ボヘミア地方・モラヴィアア地方)を構成する主要民族。東隣のスロヴァキア人と初めは未分化で、6世紀に現在のチェコとスロヴァキアの地に移住してきた。アヴァール人の支配を受けた後、フランク王国の勢力下に入ったが、7世紀に、「モラヴィア王国」という西スラヴ人最初の国家を建設するとその勢力下に入った。モラヴィア王国は906年、マジャール人の侵入によって滅亡した。その後、マジャール人(ハンガリー王国)の支配に入った人々はスロヴァキア人となり、東フランク(ついで神聖ローマ帝国)の支配下に入った人々がチェック人と言われるようになる。チェック人は神聖ローマ帝国のもとで、ベーメン(ボヘミア)王国を形成していく。
 → フス戦争  ベーメンの反乱  ベーメン民族運動  パラツキー  チェコスロヴァキア(第一共和国)  チェコスロヴァキアの連邦解消  チェコ  
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ウ.スラヴ人と周辺諸民族の自立