印刷 | 通常画面に戻る |

スロヴァキア

スロヴァキア人は西スラブ系の民族。チェコスロヴァキアの東部を構成していたが、1993年にチェコと分離して一個の主権国家となった。

 スロヴァキア人はチェック人(チェコ人)と同じ西スラヴ人系の民族で、本来は同一であったが、10世紀頃からマジャール人(ハンガリー)の支配を受けた地域の人々を、スロヴァキア人として区別するようになった。その後も、チェコ(ボヘミア、モラビア地方)がドイツやオーストリアとの関係が深く、その影響を受けたのに対し、スロヴァキア人は長くハンガリーの支配を受けた。
注意 スロヴェニアとは違う 東欧には、似たような地名、民族名でこのスロヴァキア Slovakia とスロヴェニア Slovenia があるので注意しよう。スロヴェニア人はクロアティア人と同じく南スラヴ人系の民族で、後にユーゴスラヴィア連邦を構成し、現在では分離して独立している。また、似たような地名にスラヴォニアがあるが、こちらはクロアティアの東部地域を指している。

チェコとの連邦共和国形成

 第一次世界大戦後に初めて主権国家を建設したときにチェック人と合同してチェコスロヴァキア共和国(第一共和国)を建国した。
ドイツの保護国に ミュンヘン協定の結果として、ナチス=ドイツによってチェコスロヴァキア解体となったとき、形式的にはスロヴァキアとして独立したが、事実上ドイツの保護国であった。1940年11月には、ドイツに強要されて日独伊三国同盟に加入させられている。

チェコスロヴァキア社会主義共和国

 第二次世界大戦後のチェコスロヴァキア社会主義共和国の成立によって再びチェコとの単一の連邦国家を形成することとなった。しかし、スロヴァキアは山地が多く、平野が少ないことから農業生産は多くはなく、工業化も遅れたため人口もチェック人の半分ぐらいだったことから、チェコの優位が続いた。
 1968年のプラハの春ではスロヴァキア出身のドプチェクが進めた改革の中で、チェコとの対等な連邦制が打ち出されたが、チェコ事件が起こり、ソ連軍などの軍事介入によってつぶされた。
 スロヴァキア人はチェコ人とは言語においてもさほど異なることはなく、長く連邦国家を継続していたが、1968年の「プラハの春」でのチェコとの対等な連邦制が実現しなかったこともあって、経済面でのチェコに対する従属的関係は次第に不満を醸成していたようだ。

チェコとの連邦解消

 1989年のチェコスロヴァキアの民主化が実現すると、スロヴァキア側の民族意識が強まり、分離独立を要求する声が高まった結果、1993年にチェコスロヴァキアの連邦解消が実行された。単独の国家となったスロヴァキア共和国は、面積約5万平方km。人口は約500万。首都はブラチスラヴァ。
 スロヴァキアはその後、2004年にはNATOの東方拡大にあわせて加盟し、さらにEUへの加盟を実現した。 → チェコ