印刷 | 通常画面に戻る |

フス戦争

1419年に始まるベーメンのフス派による反乱。15年以上にわたって続いた。

カトリック教会はベーメン(ボヘミア、チェコ)のフスを異端として火刑にした後、さらにプラハ市を破門、プラハ大学を弾圧した。フスの説を支持したプラハ市民はそれに反撥して修道院を襲撃、1419年からドイツ皇帝ジギスムント(カール4世の子)の派遣したドイツ軍との戦争となる。ジギスムントはフス派に対して「十字軍」と称して鎮圧にあたったが、チェク人の農民が広汎に戦争に参加し、民族の自立を目指して戦ったので鎮圧に失敗した。しかしフス派内部にも穏健派と急進派(タボル派)の対立があり、最終的にはジギスムントは穏健派と結んで過激派を制圧して、1436年に和平を実現した。教会はフス派の主張の一部を認め、フス派はジギスムントをボヘミア王として承認することで妥協が成立した。なお、フス派の住民をフシーテンとも言うので、この戦争をフシーテン戦争ともいう。

フス派の戦い

 フス派はプラハを中心としたベーメンほぼ全土に広がり、皇帝や教会の派遣した軍隊に対して、優れた指揮官に率いられて「神の戦士」と自称して熱狂的に戦った。カトリック側は武力で鎮圧することをあきらめ、講和に持ち込もうとした。フス派の中にもあくまで戦おうとする急進派と講和を望む穏健派にわかれ、1434年のプラハ東方のリパニの戦いで急進派が敗れたため、36年についに講和に応じることとなった。フス派の戦いが15年以上にわたる長期間持ちこたえた背景には、この戦争が、一つには反教皇・教会という宗教戦争であるという面と、封建社会からの解放をめざす農民戦争であるという面、さらにドイツ人の支配に対するチェック人の自立を求める国民戦争という三つの側面をもつ戦いであったことがあげられる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 カ.教皇権の衰退
書籍案内

薩摩秀登
『物語チェコの歴史』
2006 中公新書