印刷 | 通常画面に戻る |

マテオ=リッチ/利瑪竇


マテオ=リッチ(左)と徐光啓

イタリア人のイエズス会宣教師。明末に北京でカトリックの布教にあたり、中国初の世界地図坤輿万国全図の作成など、西洋の科学技術を紹介した。

 イタリア人のイエズス会宣教師。中国名利瑪竇(りまとう)。中国で布教にあたったキリスト教宣教師の中で、最も早く活動した。1582年にマカオに上陸し、広州で布教に従事した。彼は数学・天文学・地理学の知識や世界地図・地球儀・渾天儀などの機器を中国にもたらした。1601年には北京に赴き、神宗万暦帝に拝謁を許され、ヨーロッパの情勢などの下問に答え、時計を献上したという。リッチは神宗の信任を得て北京に天主堂を建設することを認められ、数年の間で約200人の信者を得た。リッチはキリスト教の紹介書『天主実義』を翻訳、また明朝の政治家で学者である徐光啓と協力してエウクレイデス(ユークリッド)幾何学の紹介書『幾何原本』、世界地図の『坤輿万国全図』などを中国語で著した。実用的な科学技術を中国に伝えたことが重要である。1610年に亡くなり、神宗はリッチを北京城内に葬る事を認め、その墓地が北京で死亡した宣教師の墓地となる。 → 明の文化
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章1節 オ.明後期の社会と文化