印刷 | 通常画面に戻る |

坤輿万国全図

坤輿万国全図
坤輿万国全図(仙台市博物館蔵)

明末の1602年、キリスト教宣教師マテオ=リッチが刊行した、中国最初の世界地図。

 明末の1602年に北京で刊行された、イタリア人のキリスト教宣教師マテオ=リッチ(利瑪竇)が作成した世界地図。坤(こん)は「大地」、輿(よ)は「乗り物」のことなので、「坤輿」は「乗り物としての大地」、つまり地球という意味になる。大航海時代のヨーロッパで航海者によっていられた情報をもとに新たな発見地を加えて作られた世界図をもとに、マテオ=リッチ自身の知見と構想から作成されたもので、五大州など現在の世界図に取り入れられた特徴も多い。中国においては最初の本格的な世界地図であり、永楽帝時代以来、世界への知識が途絶えていた中国人に大きな刺激となった。また鎖国時代の日本にももたらされ、日本人の世界認識にも大きな影響を与えた。
 なお、清の康煕帝の時代になると、同じように宣教師であるブーヴェ(白進)とレジス(雷孝思)によって、初めて中国本土の実測図として皇輿全覧図の作成が行われ、1718年に完成した。『坤輿万国全図』は世界全体図であり、『皇輿全覧図』は中国のみの実測図であって内容が全く違うので注意すること。

マテオ=リッチの世界地図

 『坤輿万国全図』は、縦179cm、横69cmを一幅とする計六幅からなる大きな絵地図で、マテオ=リッチが作成し、明の万暦帝の30年(1602年)に李之藻(りしそう)が刻版して、北京で刊行された。それ以前に、マテオ=リッチはマカオに来着してから2年目の1584年に広州で『山海輿地図』を作成、それを修正した図が『坤輿万国全図』である。『山海輿地図』は現存していないが、マテオ=リッチは、それまで中国で作成された世界図と称する地図が、いずれも中華世界を中心に置き、それ以外の世界は小さく描いているに過ぎないものだったので、「彼らの思いあがった」認識を改めようと考えて作成したという。しかし、マテオ=リッチはヨーロッパ製の世界地図をそのまま刊行したのではなく、中国人が受けいれられるような工夫をしている。以下、『坤輿万国全図』の特徴的なポイントは次ぎのようになる。
  • 中央経線を太平洋を通る東経170度としている。それまでのヨーロッパで作られた世界図にはない、斬新性を持っており、現在の日本で見られる世界図に近い。中華思想にとらわれている中国人の世界観にも受けいれられやすかったと思われる。
  • 世界を五大州に分けて示した。これは世界図で初めての試みである。五大州は、亜細亜(アジア)、欧羅巴(ヨーロッパ)、利未亜(リビア、アフリカにあたる)、亜墨利加(アメリカ)、墨瓦蠟泥加(メガラニカ)。メガラニカ州とは南半球の南端に広がる広大な陸地とされており、現在のオーストラリア大陸はまだ描かれていない。
  • アメリカ大陸を狭いパナマ地峡でつながる、南北の大陸として正しく描いている。ただその内陸部は未知の地域としている。
  • 五大州の内部の山脈、河川、湖水などの細部を描き、地名を漢字で記入している。その多くは正確だが、一部には現在のフィンランドを「矮人国」とするなど、空想的記述も見られる。
<応地利明『絵地図の世界像』1996 岩波新書 p.168~>

日本での受容

 『坤輿万国全図』は、早くも刊行の翌年の1603年から1606年の間に、わが国にもたらされたと考えられている。地名が漢字表記であったことが他のヨーロッパ製の地図よりもわが国で歓迎されたのであろう。それ以後、近世における世界像の転換に大きな役割を果たした。特に1639年の鎖国以後は、新たな情報が入ってこなくなったので、この図が唯一の権威のあるものとして、広く用いられた。特に、1695年に刊行された西川如見の『華夷通商考』や、1713年の『采覧異言』、1715年の『西洋紀聞』を著した新井白石などの貴重な情報源となった。
 その複製(写本)は各藩で作られている。有名なものは、仙台の伊達藩のもので、藩の天文学者であった名取春仲が作成した。中国の『坤輿万国全図』は単彩であるが、伊達藩のものは五大州ごとに着色したカラフルなもの(右上の図)で、現在は仙台市博物館に所蔵されており、2014年11月に特別展示された。 → 400年前の世界、精密に 坤輿万国全図公開
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章1節 オ.明後期の社会と文化
書籍案内

応地利明
『絵地図の世界像』
1996 岩波新書