印刷 | 通常画面に戻る |

九十五ヶ条の論題

1517年、ルターが発表したローマ教会の贖宥状販売などを批判した公開質問状。

 ドイツ宗教改革の始まりを告げることとなった文書である。当時、ローマ教皇から贖宥状販売のためにドイツに派遣されたドミニコ修道会の説教師テッツェルは、「お金が箱の中に投げ入れられてチリンと音がするとともに魂が救われる」と説いて、人びとに贖宥状を販売した。そのような露骨な贖宥状の販売に疑問を持ったヴィッテンベルク大学の神学教授ルターが1517年10月31日、ヴィッテンベルク城内の教会の門扉に貼りだしたのが『九十五ヶ条の論題』であった。このような意見の発表は、当時の神学論争ではごく普通のことであった。その日は万霊節の前日にあたり、多くの参詣人が集まっていた。『95カ条の論題』は(当時の教会用語である)ラテン語で書かれていたが、その内容はドイツ語に翻訳されてたちまち全国に広がり、大きな反響を呼び起こし、激動の宗教改革の幕開けとなった。その主張は「人は信仰によってのみ義とされる(信仰義認説)」のであり、贖宥状を買うことに拠ってではない、という点にあった。

資料 九十五ヶ条の論題の主な内容

序言
 真理に対する愛と、これを明らかにしようとする願望とが、つぎに記す論題についてヴィッテンベルクで論争を予定する理由である。その座長は神父なるアウグスティン派隠修士、教養科目と神学の修士にして、なおその正教授たるマルティン=ルターである。ゆえに彼は、自ら出席しえず、口頭をもっては論争しえぬ人びとに対し、欠席しても書面をもって論じられんことを乞う。
第1条
 我らの主なるイエス=キリストは言う、悔い改めよ、天国は近づいた(マタイ伝4章17節)! 彼は、信者の全生涯が悔い改めであるべきことを望んだのである。・・・・
第36条
 真に悔い改めているならば、キリスト信者は、完全に罪と罰から救われており、それは贖宥状なしに彼に与えられる。
第37条
 真のキリスト信者は、生けるにせよ死せるにせよ、キリストと教会とに属する一切の善きことを分け与えられるのであって、神はこれをも贖宥状なしに彼に与えている。・・・・
第86条
 (要約 ローマ教皇は莫大な財産を有している。聖ペテロ教会を建てるのに貧しい信者の金銭を使うよりも、なぜ自身の財産をつかわないのか。)
<『世界の歴史』(旧版)1961 中央公論社 p.362-364>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章3節 ア.宗教改革の始まり